×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

駅弁ひとり旅 南部蔵しっくかしわ飯

Image Replacement
スポンサードリンク

盛岡駅 「南部蔵しっくかしわ飯」

南部蔵しっくかしわ飯(なんぶくらしっくかしわめし)

ウェルネス伯養軒 850円

2003年10月に、
岩手県の地産地消の駅弁として販売されたもので、
二戸市特産の食材と南部美人酒造の粕漬けを漬け焼きした
鶏肉とのコラボレーション弁当です。

鶏肉はみちのく赤鶏を使用し、
酒粕に漬け込んでいますが、味噌とあわせてあるので、
日本酒が苦手な方でも安心して召し上がれます。

ご飯は五穀入り炊き込み茶飯、五穀こんにゃくの煎り煮、
舞茸と椎茸のう旨煮、りんごの純米吟醸煮など、
岩手の味と酒蔵の絶妙のコンビを味わえます。

南部蔵しっくかしわ飯 感想

「まずは、みちのく鶏の味噌焼き。これはいい艶ですね〜♪」

「わ〜!すばらしいですね!おいしいですね!」

「ツヤツヤしてますね、これは♪」

「うん、おいしい♪」

「しかもね、歯ごたえが良くてね、柔らかいんですよ」

「ご飯は鶏そぼろなんですね」

「うん♪しかもね、これは五穀米ですか♪うん、ヘルシー♪」」

「椎茸。ぷりぷりです♪ご飯とよく合う♪おいしい♪」

「彩りが綺麗ですね♪」

「見てもこう綺麗なお弁当って素敵ですよね」

楽天市場 スイーツ・菓子 人気ランキング


スポンサードリンク

スポンサードリンク

オススメの本