×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

駅弁ひとり旅 日本海ハタハタすめし

Image Replacement
スポンサードリンク

秋田駅 「日本海ハタハタすめし」

日本海ハタハタすめし
関根屋 1000円

秋田名物の魚といえば、県魚にもなっているハタハタです。

かつては庶民の味だったハタハタは、
漁獲量が大幅に減ったことで、
すっかり高級魚になってしまいましたが、
そのハタハタを贅沢に味わえるのが、
日本海ハタハタすめしです。

あきたこまちの酢飯の上に、錦糸卵が敷かれ、
醤油で焼いたハタハタが盛られ、
独特の濃厚な味を味わえます。

酢蓮根や昆布巻などの箸休めも酢飯との相性が抜群です。

日本海ハタハタすめし 感想

「うん♪柔らかい♪」

「ハタハタのこの独特の風味が癖になりますね」

「そしてこの錦糸卵がご飯に合いますねぇ」

「ハタハタ。うん!いい♪味付けも凄くいい♪」

「美味しい♪」

「ハタハタねぇ、魚自体にはそんなに味はないんですけど、ちゃんとタレがついてるから、ちょっと甘辛い感じで美味しいですよ」

「ごぼう。味がしみてますねぇ♪これまたご飯に合う!」

「この錦糸卵もいいですね」

「ハタハタ。柔らかいです」

「このハタハタは、秋田沖で捕れる魚で、この駅弁のハタハタは食べやすいように中骨が抜いてあります」

「それで秘伝のタレに48時間漬け込んで焼き上げた手間ひまかけた弁当なんです」

楽天市場 スイーツ・菓子 人気ランキング


スポンサードリンク

スポンサードリンク

オススメの本